赤ちゃんや小さなお子様がいるご家庭にウォーターサーバー

ウォーターサーバーは赤ちゃんが生まれる前から活躍する

ウォーターサーバーは赤ちゃんが生まれる前から活躍する 妊活のためや赤ちゃんができて病院へ通っているときに、ふと気づくと待合室にウォーターサーバーがありますね。病院や公共のスペース、そして会社などのさまざまな場所に設置されているウォーターサーバーですが、よく注意してみてみると本当にたくさんの種類があることがわかります。さまざまな場所に数多くのウォーターサーバーがあります。ですが、みなさんの周りの個人の家庭でウォーターサーバーを利用しているところって、どのくらいあるのでしょうか。食品などの体に入るものへの安全性に関心が高まる中、この10年ほどでウォーターサーバーをはじめとしたミネラルウォーター市場規模は約9倍にもなっています。そして、その勢いはまだまだ続いています。

赤ちゃんや小さなお子様がいない家庭でも、普及しているウォーターサーバーですが、赤ちゃんがいる家庭では、かなりの勢いで注目度が上がっています。ではいったい、赤ちゃんや小さなお子様にとって、ウォーターサーバーの何がいいのか。今回は、ウォーターサーバーを利用することが赤ちゃんやお子様にとって、どんなメリットがあるのかをお伝えします。さらに利用する際の注意点やお得に利用するための節約術もお伝えしますので、ウォーターサーバーを契約・利用するときの参考にしてみてください。

まずウォーターサーバー本体と水の種類について、確認してみましょう。ウォーターサーバーには縦型の「床置きタイプ」とコンパクトで置き場所を選ばない「卓上タイプ」があります。ひとり暮らしやあまり水やお湯を利用しないご家庭では「卓上タイプ」を利用する人も多いようです。文字通り卓上のタイプなので高さがありませんから、机などの上に置いて利用します。「床置きタイプ」は、おそらく皆さんがよく目にしたことがある、大きな高さもあるタイプです。サーバー本体はほとんどがレンタルで、レンタル料金が無料の場合も多いので、利用するときは契約内容を確認してみましょう。最近のウォーターサーバー本体には、赤ちゃんやお子様にも安全に利用してもらえる機能がついていたり、お財布に優しい機能がついていたりするので、機能についても詳しくみて契約しましょう。

そして、メインの水ボトル。水の種類は大きく分けて「天然水」と「RO水」があります。それぞれ、さらに細かく分類することができますが、利用を検討するときにはまず、この2種類の中でどちらにするか考えてみましょう。とくに赤ちゃんがいるご家庭で粉ミルクを利用する場合は、とくに成分などにも気を使う必要があります。

さて、これから赤ちゃんやお子様がいる家庭で、ウォーターサーバーを利用するメリットなどについてお伝えしますが、その前に産まれる前にもメリットがあることをお伝えします。妊活のときの水分補給として、水道水や浄水器よりもウォーターサーバーを利用することで、無理なく水分が摂れるうえ、さらにはマグネシウムやカルシウムなどの妊娠に備えて必要な栄養素をスムーズに摂取できます。もちろんミネラルウォーターのペットボトルでも摂れるのですが、冷たい水やお湯がすぐに出るウォーターサーバーを利用することで、気分や必要に応じた飲み物が飲めるので、ストレスがありません。妊娠してお腹に赤ちゃんがいるときも、赤ちゃんと母体に必要な栄養素や水分をしっかりとれるので、産まれる前からウォーターサーバーを使うことは、大きなメリットがあるのではないでしょうか。

お知らせ